ホーム > 取扱機器 > 機械の効果を最大限に

機械の効果を最大限に

各種波長の選択

各種波長の選択のイメージ

レーザー機器にしても、IPL+RF(オーロラ/E-ライト)機器にしても、その他、どんな機械にしても、その機械の「特性」を良く理解し、「理論」を理解しなくては、「正しい結果」を出す事はできません。
このページでは、それらの機械の特性を「分かりやすく」解説します。

いまさら聞けない「波長」について、考えてみましょう。

波長とは、読んで字のごとく「波」の「長さ」です。
一般的には、nm(ナノメーター)で表示されます。
レーザーで使用する「波長」は、単一波長です。
具体的には、ヤグレーザーは、1064nmであり、それ以外ではありません。
しかし、IPLで使用する波長は、複合波長と呼ばれるものです。
ご自分のお使いの機械の説明書をご覧になると、530~1200nm、610~1200nmなどど記載されていると思います。

つまり、レーザーの単一波長と違い、幅広いレンジを持った波長をIPLでは使います。
(これを、複合波長と言います)

波長による、各種の吸収曲線

波長による、各種の吸収曲線のグラフ
以降...準備中

少しずつ記載していきます。(*^_^*)

400~500nmの波長は何が出来る?

400~500nmの波長は何が出来る?のイメージ
以降...準備中

少しずつ記載していきます。(*^_^*)

正しい光(IPL)複合機の選び方/2008.10.01

世には、多くの「光複合機」が出回っています!
安い機器から、高額な機器まで、ありとあらゆる数が!
それらの機器に、絶対必要条件ってなんだろうか?

PDF ※詳しくはPDFファイルをご覧下さい

各種波長の選択

各種波長の選択のイメージ

レーザー機器にしても、IPL+RF(オーロラ/E-ライト)機器にしても、その他、どんな機械にしても、その機械の「特性」を良く理解し、「理論」を理解しなくては、「正しい結果」を出す事はできません。
このページでは、それらの機械の特性を「分かりやすく」解説します。

いまさら聞けない「波長」について、考えてみましょう。

波長とは、読んで字のごとく「波」の「長さ」です。
一般的には、nm(ナノメーター)で表示されます。
レーザーで使用する「波長」は、単一波長です。
具体的には、ヤグレーザーは、1064nmであり、それ以外ではありません。
しかし、IPLで使用する波長は、複合波長と呼ばれるものです。
ご自分のお使いの機械の説明書をご覧になると、530~1200nm、610~1200nmなどど記載されていると思います。

つまり、レーザーの単一波長と違い、幅広いレンジを持った波長をIPLでは使います。
(これを、複合波長と言います)

波長による、各種の吸収曲線

波長による、各種の吸収曲線のグラフ
以降...準備中

少しずつ記載していきます。(*^_^*)

400~500nmの波長は何が出来る?

400~500nmの波長は何が出来る?のイメージ
以降...準備中

少しずつ記載していきます。(*^_^*)

正しい光(IPL)複合機の選び方/2008.10.01

世には、多くの「光複合機」が出回っています!
安い機器から、高額な機器まで、ありとあらゆる数が!
それらの機器に、絶対必要条件ってなんだろうか?

PDF ※詳しくはPDFファイルをご覧下さい