フォトRF【オーロラ】

2011年5月10日 火曜日

580nmの波長は何ができるか?【フォトRf機械販売】



上の「図」の、580nmの曲線をご覧ください。
極端に「赤(ヘモグロビン)」への吸収率が高いのが分かります。

皮膚内部において「赤」と言えば、「赤血球」...
その、中の「ヘモグロビン」と言われる「色素」ですね。

つまり、580nmの波長は、赤ら顔...「毛細血管拡張肌」の改善に使います。
熱エネルギーで、血管内の赤血球を「破壊(溶解)」して、赤ら顔を改善します。

この際、勘違いしてほしくないのは....

「赤ければ、何にでも効果的か?」って事...

炎症を起こしている「赤み」と「毛細血管拡張」による「赤み」は違うってこと...

投稿者 院長 | 記事URL

カレンダー

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31