院長ブログ

2016年4月29日 金曜日

フォトフェイシャルの波長フィルターって何?

今や、IPL機器のほとんどは、多分「フィルター」交換によって、波長選択出来るようになっていると思います。

その「フィルター」を交換することで、照射される「IPL」はどのように変化するんでしょうか?
まず、短波長になればなるほど、高エネルギーになります。
そして、IPLの波長は、大方400~1200nmの「広域波長体」の光です。
(これをインコヒーレントと言います)

仮に、530nmのフィルターを挿入したら、530~1200nmの光が照射されます。

先ほど、「短波長ほど、高エネルギになる」と言ったように、
この場合、530nmが「最も短い波長」になり、照射される光は、530~1200nmですが、530nmが「最も高エネルギー」になり、この波長のエネルギーが、高エネルギーになります。



よく意味が分かんない~~
と言う方は、

5月の講習会へ(笑)

投稿者 院長 | 記事URL

2016年4月27日 水曜日

5月講習会内容

5月の講習会(16~18日)の講習内容が出来ました。

1:周波数、波長、エネルギーに関して
2:レーザー(光)の基本的理論
3:IPL(光)の基本的理論(レーザーとの違い)
4:波動の理論(縦波、横波)
5:横波(電磁波)の種類
6:電磁波(高周波)のよる加熱理論(種々のラジオ波機器など)
7:縦波(超音波)の理論(キャビテーションなど)
8:メラニン色素生成機序
9各種色素沈着解説(判断と対応の仕方)


です。(。・_・。)

投稿者 院長 | 記事URL

2016年4月26日 火曜日

IPLのエネルギー値


良く、「先生が作ったフォトの機械の、IPLのエネルギーは、最大どのくらいですか?」
と言う、問合せがあります。

IPLのエネルギー値とは、通常J(ジュール)/cmと言う値で表現されます。

機器本体の出力は、W(ワット)で現されます。

IPLに限らず、レーザーでも、皮膚表面に与える熱エネルギー(ジュール数)は、
波長とパルス幅によって、変わります。

短波長であれば、あるほど、皮膚表面への熱エネルギーは「大きく」なります。
同じ、レベルで照射しても、短波長より長波長の場合は、皮膚に与える熱エネルギーは、小さくなります。


今、お使いのIPL機器で、仮に「レベル30」で照射した場合、
長波長(仮に690nmとしましょう)で照射した場合と、短波長(仮に530nmとしましょう)で照射した場合とでは、
明らかに、530で照射した時の方が、熱エネルギーは高くなります。


さらに、「パルス幅」が関係してきます。
短い、パルス幅の方が、瞬間的な熱エネルギーは高くなります。


ってな、事を、今度の5月の品川研修でやります。(。・_・。)


投稿者 院長 | 記事URL

2016年4月15日 金曜日

フォトRFによる「シミ取り」2



照射後、1週間経過(。・_・。)

投稿者 院長 | 記事URL

2016年4月 7日 木曜日

フォトRFによる「シミ取り」

小生開発の、「フォトRF」にて、

老人性色素斑の除去。

照射後、1週間でシミが取れています。(。・_・。)

ほとんど,痛み無し...


投稿者 院長 | 記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31