院長ブログ

2016年2月23日 火曜日

IPLのハンドピース内の光源

フォトフェイシャル等の機器のハンドピースのヘッド内部には、光を発光する為の「光源」と言われる
ガラス管が内蔵されています。

このガラス管内部は「キセノンガス」が、充填されていて、機械の発光装置からの指令を受けて、光源が発光して
光を照射します。


この「光源ランプ」は、消耗品です。
蛍光灯と同じで、いつか「点滅」して「消えます」(;´・ω・)

当然、何万ショットも照射すれば「切れ味」も悪くなります。

ところが、どんなに照射しても、粗悪品でなければ最低でも「10万ショット」では、「切れ味」は悪くなりません。
当院の、取引先でも、25万~30万ショットで、「う~~ん切れ味悪くなったよね」と言われる具合です。


この、光源を5万ショットで使えなくなるとか?
光源交換に、30万くらいの費用が掛かるとか?

小生からしたら、ありえません!

そもそも、5万ショットくらいで交換する光源ランプなら、初めから「粗悪品」です。
ある一定のショット数で、使用不可になるハンドピースなんか、
そもそも、考えられません!

投稿者 院長 | 記事URL

2016年2月19日 金曜日

IPL再考その2

IPL(インテンスパルスライト)とは、レーザーとは違って、「多波長(広域波長)」...*レーザーは単一波長。
「散乱性」...*レーザーと違って拡散していく。
「非可干渉性」...*イン.コヒーレント...反対の言葉は、コヒーレントと言って、レーザーはコヒーレント。
(ここでの、詳しい解説は省きますので、コヒーレントとネット検索して下さい)

の特性を持ったパルス光です。

毛細血管の改善や、色素沈着の除去、皮膚の弾力の改善、小じわ、ニキビ、毛穴拡大の改善など、幅広い用途があります。

しかしながら、当然の事ながら「レーザー」ほどの「切れ味」はありません。

ただ、IPLの特性を、レーザーの特性(SP理論)に、近づける事によって、
かなりの、施術効果が期待出来ます。

ただ、レーザー機器と違って、一定の理論値で作られていないので、
機器それぞれの特性(パフォーマンス)によって、ばらつきがあり、理論値をどの機器にも応用できないのが、残念な事ではあります。

当院の機器(フォトRF)は、数年間の臨床を重ねて、その理論値に近づけて作成!

その効果を、ショールームにて体感できます。

投稿者 院長 | 記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31