院長ブログ

2016年1月29日 金曜日

SP(熱緩和)理論とは?

「SP理論」とは、1983年にAndersonが提唱した、レーザー光線が標的物質を安全に破壊する為には、「レーザー光線が標的とする物質に『到達』し、選択的に標的物質に『吸収』され、さらに吸収されたエネルギーが周りの標的物質以外に及ばずに目的とする物質内に『留まり』、なおかつ標的物質を『破壊』するエネルギーを持つ必要がある。」という理論です。

具体的には、「波長」「パルス幅(照射の時間幅)」「エネルギー値」の3つの要素を、鑑み機器を理論的に製造するための「基本的な理論」です。

当然、その理論は、「レーザー機器」製作の為の「理論」でしたが、
IPL(光)を照射する機器でも、応用が出来ます(^^♪

しかも、この理論をIPLに適応させれば、IPLの施術は飛躍的に「安全でかつ効果的」に施術が可能になります。
ただ、厄介なのは、IPLの機器ごとに「仕様」が違う点です(;´・ω・)

ですから、1つのIPL機器を「臨床」を、積み重ねそのIPL機器に適した「SP理論値」を確立しなくてはなりません。

当該機器は、長い期間かけてその「臨床結果」に基づいて「製作」してあるので、
安全で効果的に施術が可能です。



投稿者 院長

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30