院長ブログ

2016年1月 9日 土曜日

IPL再考その1

今一度、「IPL」の事を、再度考えてみましょう的な(^_-)-☆

IPLとは、「インテンスパルスライト」の略称で、アメリカのルミナス社が、「商標登録」している「名称」
だから、商業目的にこの名称は、使えません。


もともと、十数年前に、アメリカのDr.パトリックが提唱した「理論」です。
(当時、小生も先生にメールで確認しました)


その理論を、ルミナス社が買取り、「IPL」という名称と「フォトフェイシャル」と言う名称を、「商標登録」したのが始まりです。

ですから、どのメーカーも、その名称が使えないので、「I2PL]とか、「APL]とか「NPL」(ニューパルスライト)【いかにも新しい感じですがヽ(´Д`;)ノ】と言う別名を使っていますが、原理は全て、Dr.パトリックの提唱した「理論」です。

今も、昔も、全く変わっていません。
目新しく「名称変更」しているだけです。

「フォトフェイシャル」という名称も、どのメーカーも使えないので「フォトシルク」とか、「フォトプラズマ」とか使っていますが、原理は一緒です。

ここで、一番大切(重要)なのは、どんな名称であれ、
「理論的」に作っているか?です。

美容機器、医療機器の大半が、「輸入」です。

国内生産は、「東芝メディコ」(CTに関しては卓越していますね)とかありますが、ほとんどが「医療機器製造メーカー」です。

美容機器製造メーカーで「純国産」は、数えるほどしかありません。

それも、中国や韓国から「部品」調達して国内で、組み立ているから「国産」と謳っている所も、多いです。

機器を選別する際の、最も大切なことは。。。。


どんな「理論」と「臨床」で、作られているか?です。




投稿者 院長

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31