院長ブログ

2015年12月 8日 火曜日

機器の性能は果たして出力か?

良く、この機器は「高出力」で、効果は絶大です!
って、宣伝したり....

何をもって、効果絶大?って疑問です(;´・ω・)

機器の性能は、「出力」ではありません!
例えば、どんなに高い出力で、IPLを照射しても、「パルス幅」が、短ければ、まったく皮膚に害無く、結果が出ます。

逆に、低出力でも、「パルス幅」が、長ければ、皮膚に「害(障害)」を与えます。
(いわるゆ、火傷....です)

パルス幅は、絶対的に(必然的に)、一番大切な要素なのです。
熱緩和理論において、一番大切なのは「出力」では、無く「パルス幅」なのです。

だからこそ、レーザーで言えば、より安全に効果的に、「シミ」を取るために、「ナノ秒」とか「ピコ秒」とかの、極端に短い「パルス幅」の工夫をするのです。

IPLは、ミリ秒でナノ秒と比べると、かなり長い「パルス幅ですが、それでも、1/1000秒単の、パルス幅設定を
すれば、どんなに「出力」が、高くても、まったく皮膚に障害を与えません。

既存の、機器はこの「パルス幅」を、長めに設定してあるので(毛包をターゲットにしているので、長め設定なのです)、脱毛には、良好でしょうが、皮膚のトラブル(シミとか)には、まったく不向きです。

って言うか....火傷になります。
低温の湯たんぽでも、火傷もするのです。



(時間が長いので...パルス幅が長いので)

高温の、熱湯に指を瞬時に付けるだけでは、
火傷はしないのと同じです。



投稿者 院長

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30