院長ブログ

2014年11月25日 火曜日

やっかいな「ニキビ」

思春期に好発する「にきび」(^。^;)
通常は、思春期が過ぎた頃から、改善方向に向いますが、
最近は、成人ニキビも非常に多いです。
昔から、「髪の毛がニキビに触れるから」とか「甘いものを食べ過ぎる」からとか
言われてきましたが、これらの指摘は、医学的根拠はありません。

ニキビは、アクネ菌と呼ばれる「バクテリア菌」によるものですが、
この菌は、皮膚の常在菌であり、主に毛穴に潜みます。(空気が嫌いなのです)
そして、酸化した皮脂が大好きです。
角質が溜まって、毛穴を塞いでしまうと、ニキビ菌には、絶好の生息状態になります。(空気は薄いし、酸化した皮脂はたくさんあるし...)
まず始めに、毛穴が盛り上がり「閉塞面ぽう」
いわゆる「白にきび」の形成です。

次に、内容物が次第に増加して、毛穴から出てきます。
これが、「開放面ぽう」
いわゆる「黒にきび」です。
これらを放置すると、炎症を伴い「紅色丘疹」...「赤にきび」に...
さらに、化膿して、「膿ほう」に移行します。

この状態まで放置すれば、ニキビ跡が出来てしまいます。
早目の、ケアをお勧めします。


投稿者 院長

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31