院長ブログ

2014年9月23日 火曜日

美容機器購入は、リースか?クレジットか?

よく、当院の機器を購入する際に、質問される
「リースが良いか?クレジットが良いか?」ってのがあります。

どちらも、「メリット、デメリット」があります。

≪リースのデメリット≫
まず、リースの場合所有権という問題があります。
リースが終わっても所有権がリース会社にある点。
要は自分の物じゃ無い....って事ですが、しかしリース満了後1カ月分のリース料を支払うと
所有権は、リース会社から離れます。
(つまり、自分の物になるということです)
だから、言うほど「デメリット」ではないと思う。



≪リースのメリット≫
毎月、一定金額の経費計上が分かるので、会計的には計算がつく点。

それと、最大のメリットは.....
例えば、200万円の機械をリースにした際に、貸借対照表に載らないので、
200万円が、「借金」として、計上されない点。
これは、銀行からお金を借りる際に、借金が無い!と言うことで....
借りやすいって事です。
(実際には200万円の借金があるけど表に出ないんです)

≪クレジットのメリット≫
途中で繰り上げ返済が出来る点。
通常は、基本的に受け付けない場合もありますが....
でも、所有権はこれもクレジットが完済するまでは、クレジット会社にあります。



≪クレジットのデメリット≫
個人ならいざ知らず(クルマの個人リースみたいな....)
経営している者にとっては、クレジットを200万円で組んだ場合....
借金として貸借対照表に載るって事。
銀行借り受けする際に、銀行にお宅は200万円の借金があるね~~って分かってしまう点。
これが、一番のデメリットだと思う....


で....
総支払総額は?って言うと.....

クレジットでも、リースでも大きな差異はないんですね....

クレジットの利率の方が、リースの利率より、若干高いのです。
仮に、リース契約で所有権移転のために、1回分余分に払ったとしても、さほど支払い総額に変わりはありません。



投稿者 院長

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31