院長ブログ

2014年7月 1日 火曜日

フォトRF機械選別の基本

フォトRFの機械を選別する上で、もっとも大切な項目。

①患部に接触するクリスタルの部分が「冷却」される事。
 これによって、高いエネルギーが照射されて、表皮のメラニン顆粒に熱が吸収されても、
 表面から冷却するので、「火傷」の心配が軽減されます。

②色々な波長が選択できる事。
 対象物体(例えば、色素斑や赤血球のヘモグロビン)に、吸収される波長と、その対象物体の位置によって、
 波長を選択しなくてはなりません。
 吸収されない「波長」で、いくらエネルギーを送っても、全く効果は出ません。

③パルス幅が可変である事。
 パルス幅とは、照射している時間幅の事。
 対象物体の大きさによって、時間を長くしたり、短くしたりする必要があります。
 これを、調節しないと、周囲に熱が拡散して、対象物体以外の組織まで、破壊してしまいます。

④最後に....これらの項目がコンピューターによって簡単に管理されている事。
 ①~③の理論を「熱緩和理論」と言いますが、なかなか理解するまでには時間が掛かります。
 又、マニュアルを見ながらの施術ではお客さんも不安がります。
 それらの、不安を解消し、施術者も簡単に施術できる為には、理論が構築された機器であり、それが簡単に使える
 事が大切です。



投稿者 院長

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31