院長ブログ

2014年6月18日 水曜日

新開発美容版サーマクールの原理

サーマクール...とは?

Therma(温まる、熱する)&Cool(冷やす)の意味合いを持つ「造語」です。
つまり、皮下数ミリに60~65度の熱源を送り込み、表皮は冷やして保護する...高周波機器です。


色々な高周波機器がありますが、「モノポーラ(単極)方式」の機器です。
良く、バイオポーラとかトリポーラとかの「高周波機器」は、多極機器です。


その違いは、単極はチップ先端と、対極板(通常腹部や、背部に与える通電性のある板)のセットとなります。
片や、多極機器はチップ先端に2本以上の発振原があり、対極板はありません。

共に、高周波(いわゆる....ラジオ波)で、電気エネルギーです。

皮膚に対する作用の違いは....
単極機器は、通常周波数が6~7Mhzを使用可能に対し、
多極機器は、通常1Mhzしか使用できない仕組みになっています。


周波数が、高いほど皮膚深部に熱源を送り込む事が出来ます。

つまり、単極機器(サーマクールやインデバ)は、直接真皮層~皮下脂肪層まで熱を送り込められるのに対し、
多極機器は、表皮の1mm程度までしか、熱を送り込めません。

その為、単極機器は効果も、持続性も優れています。

投稿者 院長

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31