院長ブログ

2014年5月 1日 木曜日

安全&効果的なフォトRF機械とは?

フォトRF機器は、ご存知のように、「光IPL」と「ラジオ波RF」を、同時に発振する機械です。
フォトフェイシャル(IPLのみ発振)機器の、新化板として数年前から発売されていますね。

しかしながら、どの機器も唯一の欠点があります。

それは、「パルス幅(照射している時間帯)」です。

波長の変換は、今やほとんどの機器が出来るようになり、
ターゲットへの光の吸収率によって、選択可能になりました。

しかし、パルス幅だけは、任意に変更が出来ない機器が多いです。
これは、何を意味するのか

ターゲット(しみ、ヘモグロビン、毛包など)によって、照射時間は変えなくてはいけないのです。
そうでないと、余分な熱が回りの組織を侵食して、「やけど」などを起こすからです。


特に、「しみ」に対しては、極めて気を付けなくてはいけません。

これらの、理論的な事を「SP理論」と言います。
日本語で「熱緩和理論」です。

下記の「図」は、小生開発の「フォトRF」機器の、「しみ」のモード画面です。
シミの種類別に、実は、「パルス幅(照射時間)」が、コンピューターによって
決定させています。
「浅いシミ」は、「深いシミ」よりも、パルス幅が短く設定されています。
そうする事によって、安全に(火傷などを起こさず)、シミを除去する事が出来ます。

又、症状別に「選択」すると、「波長」の選択も促され、波長選択に迷う事がありません。





投稿者 院長

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31