院長ブログ

2013年11月21日 木曜日

フォトRFによる「しみ」へのアプローチ

色々な方から、、、、

「先生、フォトでシミが取れないんですけど...」と聞きます。
まず、大切なのは「しみの種類の判別」です。
レーザーを行ってはいけないシミや、フォトでは太刀打ちできない「シミ」があります。

次に、機械のパルス幅の設定です。

ほとんどの機器は、パルス幅が可変不可能か、可変できてもその数値が分からない事が多いです。
しかし、適切な数値にすれば、「シミ」はこの様に、照射直後に浮き上がってきて「黒々」します。

この状態で、数日すれば「かさぶた」になり、自然に剥がれ落ちてきます。

(経過は、再度掲載しますね)


投稿者 院長

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31