院長ブログ

2013年8月 1日 木曜日

やっぱり、モンスター...エレクトロポレーシス(フォトRF)

開発した「エレクトロポレーション&イオンフォレーシス」機器(。・_・。)

ご存知のように、細胞膜は1Vの電圧をかけられると、細胞膜に「穴」が空きます。
本来は「電気穿孔法」と言って、細胞形質の変換(遺伝子を組み変える操作など)に使う技術。

従来の「エレクトロポレーション」は、電圧がせいぜい「40V前後」...
これだと、40枚分の細胞膜に「穴」を空ける事になりますね。


そこへ、イオンフォレーシスにて「溶剤」を入れ込んでいく訳です。

今回の開発機械は....
電圧を最大、、、250Vまで上げました。
これで、250枚分の細胞膜に「穴」を開けて、溶剤を入れ込んでいく「原理」になります。

ただ、「原理と臨床」は、必ずしも一致しないので、症例を取り続けました。

結構な良好結果です。

機械開発に併せて「脂肪溶解剤」も作りました。
「フォスファチジルコリン&α-リポ酸&ビタミンB群」の入れて、脂肪細胞膜の溶解が出来ます。


投稿者 院長

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31