院長ブログ

2013年6月22日 土曜日

今後の「美容医療」(フォトRF,キャビテーションなど)

今後の、「アンチエイジング」に関する、「美容医療」は、どんな推移を辿るのであろうか?

まずは、「非侵襲性」の施術が主流になると思います。
以前と比べると、明らかに「外科的手術」は、減ってきました。
この事自体が、良い悪いではなく、日常生活のクオリティーを考えると、当然の傾向でしょうね。

まず、注射による「アンチエイジング」が増えてきてます。
次に、non-ablativeな「光治療」「電磁波(ラジオ波)」などの機械が、たくさん出回ってます。

減脂肪効果を目的として、「キャビテーション」が増えてきていますね。

老化自体は、新構成の変化なので、それぞれの施術に「長期的」「永久的」な効果を求める事自体に無理があり、
当然、「反復治療」は避けられません。

一気に、効果を求めるのであれば、当然「リスク」も伴い、それによる「QOL」は低下します。

又、機械も、人が使いやすい機器の開発が、出回るでしょう(。・_・。)ノ

日本人は、欧米人と比べると「瘢痕形成」をしやすいので、このような「非外科的施術」が「安全」で、出てくる事は望ましいです。

投稿者 院長

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30