院長ブログ

2013年3月22日 金曜日

フォトRFで「熱緩和時間」にそって照射

熱緩和時間は、照射物体に過度な熱がこもらず、そして周りの組織への瘢痕形成を起こさない程度の
パラメーターを設定する事でした・・・ね(~o~)

そこで、下記の写真を

これは、ある一定の「スポットサイズ」で、波長は510nmに設定し、一定のエネルギーで、(教えない)
そして、一定のパルス時間で(教えない)で、照射した写真です。

対象物の色素は、浮き上がり、いわゆる「マイクロクラスト」(かさぶた)状態を形成しています。
本来は、もう少しスポットサイズを小さくしたほうが良いです。
なぜなら(あえてやや大きめのスポットサイズにしてみました)、色素の周りの組織にも熱が伝わり
赤くなっているからです。

これが、もっと大きなサイズで照射していれば、さらに大きな範囲で「赤み」が出て
「火傷」になります。

投稿者 院長

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31