院長ブログ

2013年3月21日 木曜日

IPLの問題点(フォトRFを上手に使いこなす)

IPL(光)の機器は、当社1機のみ(ルミナス社のフォトフェイシャル)でした。
その後、各社が色々な独自の工夫をして発売され、今や多くて訳分からない~~感じです。

しかも、「波長」「パルス時間」「冷却温度」などは、各社様々で、色々な設定が異なっている事が問題点です。

レーザー機器でも、ある程度各社によって異なりますが、
「波長」は、固定で、「パルス時間」もどの会社も変わりません。
(ルビーレーザーなら波長は694nmだし、パルス幅も基本固定です)

これにより、他機種のパラメーターは比較できず、用いる事が出来ません。
エネルギー値も、ある機種では10Jが適正であったり、他の機種では20Jであったりします。

照射面積も、大小さまざまで、そのまま使う事が出来ない場合があります。
(照射面積を小さくしたりする工夫が必要です)

小生は、色々なIPLの機器を使い、結局「自分の納得するパラメーター」の設定をした機器が欲しい」と
思うようになってのも、自然の流れと言わざるを得ません。

このたび、パラメーターの全面監修をさせていただき、IPL+RF(フォトRF)の機器を作成出来た事は
非常に幸運でした。(・ε・)/


さらに、それらの「理論」と「臨床」を、発表出来る事も幸せです...


投稿者 院長

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31