院長ブログ

2012年11月29日 木曜日

いわゆる「毛細血管拡張肌」基本偏

色々な要因で、「毛細血管」が拡張して、皮膚表面に「スパイダーヴェニス」...
いわゆる「くもの糸」のような、症状を作ります。

長年のステロイドの使用であったり、遺伝的な要因であったり、極度の緊張であったり...と原因は様々ですが、
出来てしまっている、「毛細血管拡張」をどうするか?が、臨床の課題ですね。

正常な「毛細血管」は、下図のように、基本的には「動脈」と「静脈」の間の「酸素や栄養素」などの、交通を行っています。
この「正常な毛細血管」は、「赤く」見えません。
この毛細血管まで、「赤く」見えたら、我々の皮膚表面は、まさしく「赤いくもの糸」状態になってしまいます。


では、何故、「赤く」見えないのか?
それは、仕事をキチンとしているからです。
通常の血管は、血流がキチンとあります。(つまり、正常に流れているって事です)
ですから、皮膚表面の膨らんでいる「静脈」(動脈は皮膚の奥に小さくあります。傷ついては困るので)
は、「赤い」でしょうか?
どちらかと言えば、「青っぽい」ですね。
これは、血液が超スピードで流れているからです。(だから、赤血球の赤みが見えないのです)


「赤く」見える「毛細血管」は、仕事をしていない「血管」なのです。
「あんた!なんでここにいるの?」的な、邪魔者なのです。
動いていないのです。

道路の「大渋滞」と思ってください。
交通が、滞っている...んですね。

様々な原因で、突然的に「作られた存在」なのです。
へたれな、運転手とか、坂道なのに無理やり走行車線に入ってくる80K以上出せないトラックとか(笑)

原因は、様々ですが、我々の目的は「その存在を綺麗にする事」です。

早く、この交通渋滞を解消させる「NEXCO中日本」的な~~
あなたが、NEXCO中日本の重役だったら、この大渋滞をどのように解消させる手法を使うでしょう?

「ごめんなさい...今事故車両の撤去中です」
「自然渋滞なので、時間が経たないと解消できません」
「2斜線道路から、ここだけは1斜線道路に変わるところで、致し方ないのです」
「将来的には、今の道路幅を広げるか、3斜線にしますのでそれまで辛抱してください」的な~~


でも、慢性的な渋滞で、もう何年もこの渋滞道路から車が移動出来ていないとしたら...
(運転手、とっくの昔に居ないよね、きっと車だけ放置だね)
そう、既に、さび付いた車だけの放置状態なのです。

さあ~~~考えましょう!!!
どうする、どんな手法を用いますか?

1:さび付いた車を、綺麗に洗浄して動ける様にして、運転手を乗り込ませ、移動させる。
2:いっそのこと、車ごと(どうせ何年も放置されていて持ち主わかんないし)焼く払う。




その、手法は次回に...
(もったいぶらせるな~~~とお思いでしょうが、ごめんなさい)

投稿者 院長

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31