皮膚一般

2011年6月17日 金曜日

夏に多い皮膚病〈毛虫皮膚炎〉 【フォトRF、キャビテーション】

さて、この時期、【夏場を迎えて】...とびひ(伝染性膿痂疹)、やら、毒蛾(毛虫)皮膚炎やら
発生しやすいですヽ( ゜ 3゜)ノ

中でも、「毛虫皮膚炎」は、6月~9月辺りに「毛虫の繁殖」は繁殖をします。
↓「茶毒蛾」の幼虫


無数の出来る「丘疹」で判断できます。【マラセチア毛包炎t区別は必要】


でも、一応に「毛虫なんか、見てないし、ましてや触ってもいません!」と言い張ります(笑)
一般的には、毛虫の針に「毒」があって、それに触ったりすると皮膚炎になる...と勘違いしています。

実は「チャドクガ」などの毛虫(日本全土に分布してます)は、「毛」に毒があるのでなく、
それとは別の部分に、蓄えられていて、風などで舞って、皮膚や衣服に付着するのです。
だから、見ていない、触っていない...
けど、「毛虫皮膚炎」になるのです。

茶畑が多い、静岡県には比較的多い皮膚病ですね(。・_・。)


投稿者 ラフェーススキンケアクリニック