脱毛

2011年2月24日 木曜日

脱毛機による「火傷」 【脱毛機販売】

効果的な脱毛を行ううえで、大切な3つの要素は「波長」「パルス幅」「患部冷却」ですが、
この3つの中で、もっとも大切なのが「患部冷却」です。

脱毛を行ううえで、この「患部冷却装置」は、「必須」です。
東京都の「脱毛に関する安全基準」にも、設置が義務づけられています。
しかしながら、この「患部冷却装置付き脱毛機」は、あまり出回っていないのも「現状」です。

当院の「脱毛機」は、すべて、この「患部冷却装置」は標準で設置されています。

でも、いくら「患部冷却装置」がついていても「火傷」の危険性が「ゼロ」ではありません。
ついていない「脱毛機」では、「火傷の危険性」は、測り知れません!
火傷を回避する為には、「熱エネルギー」を下げなくてはなりません!
でも、熱エネルギーを下げれば、今度は「脱毛効果」が十分得られません!
ここが、一番頭を悩ませることころです!

皮膚の色が「黒い肌」は、表面のメラニン色素に「熱エネルギー」が吸収され
「皮膚表面が火傷」します!
軟毛(産毛)を脱毛する為には、やはり「熱エネルギー」を上げなくてはなりません。
しかし、その分「表面のメラニン色素」に反応し、やはり「火傷」の危険性が増します。
その上でも「患部冷却装置」は必須なのです。
下の写真は、私の腕の「火傷」です。
「患部冷却装置」の付いた「脱毛機」で37ジュールと言う「熱エネルギー」で照射しました。


熱傷度は、基本的に低いので、数週間で消えてなくなりますが、痛いし、ひりひりします。

脱毛器は、患部冷却装置はやっぱり「必須」です。


投稿者 ラフェーススキンケアクリニック