にきび

2011年1月22日 土曜日

ニキビの具体的症状

【具体的症状】
では、それぞれの段階で具体的にどのような症状をしているのか。

①面疱(コメド)
毛穴に皮脂が詰まって出来る粟粒ほどの固い皮丘で、円錐形をしています。
俗に言う「黒ニキビ」「白ニキビ」で、毛穴が開いて黒く見えるのが「黒ニキビ」
毛穴が閉じて白く見えるのが「白ニキビ」です。
毛嚢内の皮脂がまだ炎症を起こしていませんので、この状態で自然に治癒する事があります。しかし、「白ニキビ」が「黒ニキビ」に移行しさらに悪化して丘疹や膿疱に進む事もあります。
尚、「黒ニキビ」の中心にある黒いぶつぶつは、下から押し上げられたメラニン色素です。



②丘疹
面疱に出来た毛嚢に皮脂がたまり、脂腺が壊れた状態が丘疹です。
最初は赤くポツンと腫れていますが、中に詰まった皮脂が酸化され、次第に周囲や内部に炎症を広げていきます。この炎症がひどくなると、膿を持った「膿疱」になります。



③膿疱
周囲の赤みがひどくなり、腫れて熱をもつ事もあります。皮膚の表面と深部に出来るものとがあり、表面に出来たものをつぶすと白っぽい膿が出てきます。



④膿腫
皮膚の深部に出来るもので、結節とも言います。硬いしこりになっており、押さえると痛みが伴います。表面に出来る「膿疱」と比べると治癒に時間がかかります。
「膿疱」や「膿腫」の段階でつぶすと、ニキビ跡を残します。

⑤ニキビ痕(アクネスカー)
膿疱や膿腫をきれいに治さないと、色素沈着や皮膚陥没のような瘢痕が残ることがあります。これがアクネスカーと呼ばれる「ニキビ痕」です。
アクネスカーが出来ると修復が困難なので早めの治療が必要です。


投稿者 ラフェーススキンケアクリニック