フォトRF【オーロラ】

2011年1月31日 月曜日

IPL(フォト)の波長

良く、関係者に「先生...やっぱりIPLは、高いエネルギー(ジュール数)が出る機械の方が良いですよね」

と尋ねられます。

高エネルギーが出る機器の方が出ないよりか良いですが、必ずしもそんなに高いエネルギーを必要とはしません。
高エネルギーが出る機械で、余力を残している機器が良いです。

例えば、50J(ジュール:熱エネルギーの単位)/cmの出る機器で、
10J/cm辺りで使用して結果の出る機械が好ましいです。
(だって、実際に50J/cmなんて使わないし)


車で例えると、排気量の大きい(4500cc辺りのベンツとか...)車で、市街地をのんびり走る感じです。(*^_^*)

それよりも、「波長」が一番大切です

レーザーにしても、IPLにしても、全ては「波長」で決まります。

これも、車で例えるなら「装備」にあたります。

例えば「ワイパー」は、フロントガラスの雨を取り除く事が「専門」です。

それ以外には、威力を発揮しません。

カーナビは、目的にまで誘導する為の装備で、雨を取り除いてはくれません。

波長は、そのように「装備」と同じです。

トンチンカンな「波長(装備)」で、「脱毛」や「シミ取り」は、難しいのです。


波長を数多く選択できる機器でないと、「良い機械」とは言えません。(・ω・)ノ
レーザーだって、1064nmの「ヤグレーザー」は、メラニン色素への吸収率が極端に下がり、「脱毛」には不向きと同じように、「波長」は、それの「専門」があるのです。


投稿者 院長